宇宙船地球号でSDGsゲーム 3


広大な宇宙にとてつもない早さで移動を続ける地球。 真っ暗な宇宙にぽっかり浮かぶ、美しく青い星地球。 その星で恵みをたっぷり受け取りながら、自給自足をしている私たち。


バックミンスター・フラーは、地球を「宇宙船地球号」と呼びました。


先週は、標題テーマで3回のSDGsゲームを実施していました。


これからも地球に人類が生きていくために必要な持続可能性という観点を、SDGsは示してくれています。


そしてその世界観をカードゲームを通して理解するのがSDGsゲームです。


2日目、3日目も大変な盛り上がりと深い気づきとパラダイムシフトが起こっていました。

感性の豊かな方々が集う場でした。


たったひとつしかないかけがえのない地球。


無償で資源を私たちにくれている家である地球に感謝して、これからも生きていきたいものです。


主催してくれたサナーさんとさきこさん、ご参加くださった皆様ありがとうございました!