馬と潜在意識


馬と潜在意識


は、よく似ています。言葉を持っていない。善良。思考ではなく感覚で生きている。人間より圧倒的に力がある(「馬力」という言葉にもなっていますね。潜在意識は意識の100倍とも言われるほどのパワーがあるといわれています)。


馬の性質をわかって、声をかけたり、手綱を引いたり、脇腹を蹴ったりしてコミュニケーションを取ります。

馬とはどんな性質でどんな特徴のある生き物なのか?について、このエリアの在来種を守るために馬牧場を営む井上さんが教えてくれました。


よくコミュニケーションのセミナーでご紹介する例えですが、馬の性質を分かっていると、乗りこなすことができるのと同じように、潜在意識の特徴をよく分かっていたら、自分とのコミュニケーションが向上し、楽に自分と付き合えるようになります。


井上さんは言いました。「馬どどんな風にコミュニケーションを取るか?を見ていたら、その人のコミュニケーションの傾向がわかりますよ。コミュニティで調和してやって行くリーダーシップを学ぶには、馬とのやりとりから学ぶことは役に立つと思います。馬はよく人を見てますからね。」と。


完全リモートワーカーのご主人と3人のお嬢さんとともに、地域おこし協力隊として2年前にここ、久米島に移住した友人とも再会でき、充実した一日となりました。


在来種の馬を絶滅から守るために馬牧場をされている井上さんの活動、応援したいと思います。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示