聖徳太子御霊忌千四百年





聖徳太子御霊忌千四百年


般若心経を初めて写経したのは二十歳の頃、京都のお寺でした。

その頃は、正座をするのも辛いし、なかなか書き上がらないし、思いの外、苦痛でした。

今日は、なぜかあっという間に、スイスイと筆が運びました。


四天王寺は昨年、聖徳太子御霊忌千四百年だったこともあり、記念の写経奉納をする機会に恵まれました。


気が静まり引しまるので、又折を見つけて書こうと思います。


お手本を見て、救世観音様の絵を描きました。






閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示