内的イメージを変えることのパワフルさ


昨夜は、NLPコースに参加された方向けの復習会をオンラインで開催していました。


テーマは「イメージを変える」。

「肩の荷が降りた」「霧が晴れたようだ」「人生バラ色」などの言葉がありますが、実際に肩に荷物が乗っていたのかというと、さっきから何も乗っていないのです。朝からずっと天気良かったのです。さっきと色など変わっていないのです。

それでもその言葉の意味が通じ合える私たち。

いかにイメージに影響を受けているか?が分かる言葉ですよね。


体験には「内的体験」「外的体験」の2種類があります。

外的体験は、「今この文章を読んでいる」この体験です。内的体験は、「この間の楽しかったことを思い出している」という実際に目の前になくてもできる体験のことです。


この内的体験、いわばイメージに私たちは大きく影響を受けているのです。


実際、「肩の荷が重い」と言っている人に、その肩の上の荷物のイメージを小さくしたりイメージで荷物を降したりしてもらうと、気持ちがみるみる変わっていきます。


そんなワークをペアで体験し合う復習会でした。


「こんなに簡単に気持ちが変わるなんて。イメージの力はすごいですね!」「忘れていたけどイメージってすごい。今日参加して良かった」「軽やかな気持ちになりました」などの感想がありました。


参加された皆様、ありがとうございました😊