top of page

体験の本質は、何でしょうか?
















体験の本質は、何でしょうか?


体験の本質は、五感です。

五感とは、見る、聴く、嗅ぐ、味わう、触れる(体感する)の五種類です。

そのほかもう一つあるとしたら、感じる、の第六感です。

体験には2種類あります。外的体験と内的体験です。


外的体験とは、今この画面の文字を読んでいる。

今座っている椅子の座面の感覚を感じることができる。

今いる部屋の温度を感じている。

今周りにある声や音を聴いている。

という実際に五感を使って体験していることです。


内的体験とは、例えば夏に遊びに行った富士山の景色や焚火の炎のオレンジの色や動きを思い出している。

聴いた鳥の声や、焚火で木が燃える時の音や香りを思い出している。

その時の温かさや夜の爽やかな風を思い出している。ということや、


この後の予定で出かける先の風景や、会う人の顔を思いうかべている。

その時に感じるであろう空気感を想像している。 などのことになります。


内的体験は、過去、現在、未来のうち、いつであることが多いでしょうか?


それは、過去や未来であることが多いです。

現在があるとしたら、今この瞬間の身体感覚に意識を向けている時です。 お腹がいっぱいとか、お腹が空いた、とか、足が軽いな、という体験が現在の内的体験にあたります。


外的体験をしている時には、今ここにいることが多いです。

今聞こえる音や、今の椅子のクッションの感覚、今見えるものに、意識の焦点を当てています。


では、人間は過去、未来、今のうち、いつに焦点を当てていることが多いでしょうか?


実は、過去または未来に焦点を当てていることが多いです。

今に焦点を当てていることは非常に少ないのです。


私が以前聴いた数字では、今に焦点を当てている時が7%、過去または未来に焦点を当てている時が93%ということでした。


では次に、未来とは何でしょうか? 過去とは何でしょうか?


色々な言い方ができますが、 未来とは、現在の状態。 過去とは、現在の状態。ということができます。


現在の状態が良いと、未来の展望も明るくなります。

現在の状態が悪いと、夢や目標を実現することが難しいことに思え、きっと無理だろう、などと悲観的展望になったりします。

現在の状態が悪いと、過去に起こった出来事は、散々な目にあったと思うかもしれませんが、今の状態がいいと、いい勉強になったと思えます。


目指すべきことは、今この瞬間に、いい状態でいることなのです。

そこさえ整っていれば、過去も未来も、人によって表現は違えど、自分にとっての財産ともいえ、希望あるものともいえます。


ひらりのコンシャスリリース・メソッド、NLPプラクティショナー・コースでは、こうした意味から、まず自分自身の状態を整えることをしていきます。

体験をすると確信を持つことができます。この方法で感じ方を変え、自信を深め、人生を変えるきっかけをつくることができる。と。


そして、自分で体験し実感したものを、どなたかの成長支援や相談された時などに、使って頂けたら、と願っています。


それが、私の願う1000年プロジェクト(幸せになる心の仕組みを1000年未来の人に届けるプロジェクト)の一つのルートです。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page