アースライズ50周年


今日2018年12月24日は、月の地平線から地球が昇る姿のカラー写真を人類が目にしてから、ちょうど50年です。


これより前、人類は真っ暗な宇宙空間にポッカリと浮かぶ青い美しいこの星を認識していませんでした。


あれから50年。 改めて「宇宙船地球号」の操縦方法について、ともに学び合いアイデアを出し合いませんか?


2月3日(日)、JICA市ヶ谷地球ひろばで集いましょう。


ワールドシフトネットワークジャパンの主催イベントとしては、定員数が限られた企画になりますので、お席の確保はお早目に。

詳細はこちら