top of page

おすすめ舞台 日本経済の礎、知られざる鮎川義介氏の生涯



















おすすめ舞台 日本経済の礎、知られざる鮎川義介氏の生涯


澁澤栄一氏のことはご存じの方が多いと思います。


同時代に、一代で141社の企業を立ち上げた、私心なき偉人がいます。


鮎川義介氏です。


この方は、若い時に金持ちにはなるまいと心に決め、東大を4番で卒業されているのに経歴を隠して一職工として小さな工場に就職し、現場を知るというところから職業体験を始めた方です。


両親を早く亡くし、おばあさんのご兄弟が井上馨だったことから、井上宅に住まわせてもらいながら大学に通っていたそうですが、当時から時代の要人が家を出入りする様子を眺めていた経験も相まって大きな視座を持つ人物として社会に出ます。

それまでの間に金持ちにはなるまいと心に誓ったと言われます。


金持ちにならないばかりか、自分の名も残さないという徹底ぶりで私心なく日本経済や世のために働いた方ですので、知らない方が多いのもうなづけます。


その鮎川義介氏の人生の一部を舞台にしたものがもうすぐ上演されます。


間違いなく勇気やパワー、高い視座、誇りを受け取れるものと思います。

5月18日~22日と、舞台の期間が短いので、ぜひ日程を調整して行かれることをお勧めいたします。


日本に起こった経済の在り方、始まりは本気の「経世済民」だったことが分かり、ビジネスの本来の姿や、長寿企業が大切にしてきた姿に触れることができると思います。


鮎川義介氏の経済観、世界観を盛り込んだ東洋哲学を学んでいますが、本当に、経済活動に希望が持てる、温故知新でこの方向性に舵を切っていきたいものだと思わされ、勇気を頂いています。


ビジネスをされている方、次世代を担う若い方々、その子供達をを育てている方にぜひ見ていただければと願っています。


(私もこれから行くのですが。^^)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page