top of page

3年ぶりに開催していました





3年ぶりに開催していました


土曜日は、3年ぶりに対面でSDGsゲームを開催していました。参加された方の感想です。


「自分の無意識のパターンが影響するということ。世界は繋がっているので、思い切って助けを求めるとサポートも得られるということが印象に残りました。手順の説明もわかりやすく、混乱なく進められて楽しめました!」

<佐藤綾子様 講師>

―――――――――――

「気づかずに、自分の行動が環境などに影響を与えていること。まずは、小さな一歩から…だと感じました。また参加したいと思いました。」

<S.S.様 50代 コーチ>

―――――――――――

「SDGsワークを通じて、経済・環境・社会の全体発展と個人の目標達成の絡み合い、限りある資源の分配や交渉や無償提供など、壮大な人間生活の営みを感じることができた。

信頼関係を構築しなければ、交渉事は成立しないというバイアスがあったけれど、案外、足りないものと余っているものの都合が合えばすんなり交渉は成立することもあるんだということを感じた。どこかに自分を必要としている人がいたり、どこかに私が必要としている人がいたりするのかもな、と希望が持てた。」

<まっきー様 30代 キャリアカウンセラー>

―――――――――――

「小さな行動や選択でも、世界に影響を与える可能性があると言うことを学べました。自分が持っているリソースや時間を、今後何にどのように使っていくか、自らの将来を考える良いきっかけとなりました。また、ゲームを通じて自分自身のコミニケーションやリーダーシップの癖に気づく体験となりました。SDG を題材としたカードゲームを通じて、いろいろなことを学び、気づくことができるワークショップだと思いました。

大江さんと久しぶりに対面でお会いすることができて、とても嬉しく思いました。またお会いできる日を楽しみにしています。」

<Y.S.様 40代 会社員>

_______________

「大変面白かったです!自分のゴールへの取り組み方、世界への取り組み方、他者とのコミュニケーションなど色々な要素が網羅されているゲームでした。これは百聞は一見にしかずで、たくさんの人に体験してみてほしい!と思いました^^

できることをできる人がしていくことで、全体が補完されていくのを感じました。経済を回す人、環境を整える人、社会に働きかける人…それぞれに役割がある。その上で、「少し」全体のバランスを考えて動いてみる。この一人一人の「少し」の意識によって、世界が変わっていくのを体感しました。最後はメーターのバランスが整っていたので、安心&感動でした☆

わたし自身も無理なく少しずつできることをしていきます。個人的な望みは持ちながらも、世界全体を考えた行動をもっとしていきたい。そう思わせてくださった時間でした。世界はつながっている。自分も起点である。本当にそうだなと思います。

大江さんのファシリテーターがとてもよかったです!今回タイミングが合って大江さんの体験会を受けられて、幸運でした。より良い世界を作っていくというビジョンが伝わり、心が温かくなりました。ありがとうございます^^」

<S.A.様 40代 主婦>

―――――――――――

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page