物語というメタファー。


「天の岩戸開き」。 八百万(やおよろず。たくさんの意)の神々が全員で対話し、知恵を出し合い、それぞれの得意分野を持ち場にして難問を解決する。


一昨日は、あめつちのはじめの会、古事記読書会でした。 毎回、古事記冒頭文を声に出し、その後読み進める箇所についても声に出して読みます。


古事記の解釈も本当に深いものですが、オンラインで全国からのご参加者とともに、9名で対話を進めました。


物語はメタファー。奥深い解釈ができますね。


参加された皆様ありがとうございました。