top of page

楽しい学びの旅でした。







楽しい学びの旅でした。


100パーセントの雨予報から快晴へ。新嘗祭を含む3連休は、新潟県十日町市と柏崎市にて、リーダーのための言霊塾 奥伝を開催していました。


私たちが受け取っている文化的ルーツの根源となる文明の一つ、縄文に学び、転地療法として氣の美しい土地に滞在する3日間。


一泊目の一棟借し切り、交流館では、女将さんのよしこさんのおもてなしと手入れの行き届いた立派な作りの昭和の古民家が楽しさと心地よさを運んでくれました。

次の日は、笹山縄文遺跡と博物館へ。900点以上の国宝が発掘された場所と発掘された火焔式土器群を鑑賞し、平和が続いた土地の空気を味わい、いまだ生命力を私たちに届けてくれる土器のパワーに充電され、最新の展示方法により縄文文化を堪能しました。


その後は柏崎市のじょんのび村(「じょんのび」とは、この地域の方言で、心地いいなあ。気持ちがいいなあ。という意味なのだそうです)にて、奥伝の学びと対話の時間でした。


最後はアメリカの現代美術家ジェームス・タレル氏の作品、光の館を見学して、学びの旅が終わりました。


人間は周波数を発する発信機であるとは、細胞物理学者のブルース・リプトン博士の言葉ですが、周波数を高めることの大切さやそこに至る道のりを文化的ルーツから紐解き、実践してきた事例と人生観、世界観に触れ、継承されてきた道のりを体験し、体現していく時間でした。


参加された方々の感性の豊かさ、さまざまな視点と個性を持ち寄り受け入れ合いながら進む、ギリシャ哲学でいう弁証法、対話を深めるあり方、まさに「和を以て尊しとなす」が起こっている時間でした。


訪れる先々で出会う方々の人柄の良さ、心の温かさに触れて、心が洗われ、ほっとするひとときでもありました。


これからの日々の鍛錬を続けながら、ますます澄んだ状態で今にありつつ、進んでいきたいものです。


参加されたみなさん、どうもありがとうございました😊😊✨

閲覧数:3回0件のコメント

留言


bottom of page