根源を問う


昨日は、中野民夫さんのゼミ室に集まり対話する、希望の民ゼミの日でした。仏教哲学とシステム哲学を学んだ90才近いジョアンナ・メイシーからアクティブホープを学んだ人たちの勉強&対話会です。


中野民夫さんの問いは毎回根源を問い直すのにいいもので、今も響いて自分に問いかけます。


「私が望む社会の姿は」 「良かれと思ってやっていることが分断を生んでしまった体験は?」


思いが強いと分断を生みやすい。 どちらでもいいと思うと流される。


常に間(あわい)危うくバランスを取りながら進む。バランスが崩れたことに気づいて立て直す。


それはこのことに限らず、日常の色々なことの中にある現象ですね。


そして自然界が常にお手本であり、先生だなあ。と改めて思います。


根本を問うための時間を、常に意識しておきたいと、改めて思いました。


民夫さん、しかちゃん、みなさん、ありがとうございました!