top of page

本阿弥光悦の大宇宙











本阿弥光悦の大宇宙


昨日は、友人と女子会ランチの後で博物館へ。

本阿弥光悦の大宇宙展と中尊寺金色堂展に行きました。


本阿弥光悦の作品は、刀と焼き物と書が、それぞれにどこまでも研ぎ澄まされ、極められた美があり、素晴らしかったです。

特に最近筆ペンで文字を書く機会が多い私は、書の端正な気の整った文字に強く惹かれました。



うまく書こうとする以前に、自分がどれだけ整って軸が通っているかが大切で、気が鎮まって、自分が整えば何をしても美しく整うのだということを目の当たりにしました。


中尊寺金色堂展では、地蔵菩薩立像の並んでいる様から、同じメッセージを受け取りました。気を鎮めよ。と。

いい波動に触れると、こちらも心身が整いますね。


京都で古美術商をしていた祖父とかつて一緒に博物館に行った時のことを思い出しました。博物館を後にした時に祖父が言った「ああ、ええもん観た。」という言葉を思い出しました。

当時はよくわからなかったけれど、最近はその一端がわかるようになってきたかな?

と、美(波動の高いもの)の豊かさを浴びた1日でした。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page