top of page

参加者のご感想「4/29(月)脳科学から紐解く~なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか? 」をご紹介します

更新日:5月7日











参加者のご感想「4/29(月)脳科学から紐解く~なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか? 」をご紹介します。 ※いただいたご感想は随時追記いたします。


「コーアクティブコーチングにおける拡大質問やエンボディメントのカラクリが少しばかり分かった気がしました。また、実際のコーチングの場面において、なぜ今これをやるのかをお伝えするワードを手に入れることが出来ました。

直前の申込みにも関わらず、ご対応頂きましてありがとうございました。CTIのコーチングに沿った内容でしたので大変有益でした。また、このような機会がありましたら参加させて頂きたいと思います。」

<野田直揮様 40代 その他>

 

「やっぱり、無意識領域ですね。今までのコーチングが、どうしても意識領域に留まることが多くて、無意識領域の存在を意識できることで、前より自信を持ってエンボディメントなどの関わりができると思いました。

関西での1日コースの開催があれば教えてください。知り合いに教えてあげたいです。」

<Y.M様 50代 会社員>

 

「全体を通して言えるのは、CTIで学んだことの裏付けを得たので、ふわっとしていた部分に確信が持てたことです。また、自分のコーチングスタイルを客観的に知ることができたので、迷わずに自信を持って本格的に活動していきたいと思います。

どうしても得たい目標があるときは、メンタル・ブロックを外しているから、ダメで元々、やらない後悔はナシの精神で、願いを叶えてきたのだと実感できました。

ニューロロジカル・レベルでは、日頃から直感的に、上位概念で関わることが多いので、核心をつく問に結びつくのかなと思いました。

CTIのコーアクティブコーチングと絡めて説明いただいたことで、とてもイメージしやすくわかりやすかったです。ありがとうございました。」

<山口昌美様 60代 コーチ>


NLPの本を読んで臨んだが、説明を聞いて、体感することで、理論と感覚の一致が見えたような気がする。また、コーアクティブについて、どこか信じ切れていなかったところがあったが、これからは自信をもっていいと思えた。

ありがとうございました。」

<K.Y様 40代 会社員>


「今→目標→目的→その先に何が得られるか感情を味わう」「プログラミングを変える」「メンタルブロックを外す」これらはわかっていたものの、更に明確になり伝えやすくなりました。ニューロロジカル・レベルも順番にやることで、自然に深まっていく体験ができて、とてもいい学びになりました。

コーアクティブという共通言語の中での学びだったので、とてもわかりやすく有意義でした!

<H.F様 50代 自営業・コーチ>

 

「コーチングで行っていることを脳のしくみで理解できた点は大きかったです。具体的には、●脳は空白部分を埋めるよう働くとの点で、問いを投げかけたり、設問のようなまだ答えのない大きな問を持ち続けることで、脳が答えに到達しようと動いている。これをコーチングはやっているのだという根本を理解できました。●コーチングは潜在能力を引き出す、とよく聞いたり、自分でも決まり文句のように使っていましたが、それはどうやって(How)は言語化できていませんでした。無意識と意識の段階の違いを理解し、価値観や存在意義などが無意識レベルなのだということも初めて知りましたし、そこに働きかけるから、見えていない潜在的な部分がでてくるのだと、理解できました。

今後はこの仕組みを意識しながら、コーチングの実際のやりとりに(気持ちを聞いたり、ビジュアライゼーションしたり)広げて行きたいと思います。

NLPに関心があったものの(CTIかNLPかで迷いCTIから始めた)、とっかかりがなく、CTIを学んだ方からNLPの話を伺えることが貴重と思いました。

<K.H様 30代 会社員>

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page