top of page

ヒーローズジャーニーとプレゼンテーション





ヒーローズジャーニーとプレゼンテーション


ストップしている新幹線が動くまで駅で待ち、目的地の途中までしか走行していなかった新幹線を下車してその後はタクシーに乗り。迫り来る台風に向かって進む進路で、奇跡的に会場に集まる方々が全員集合して始まった合宿。


週末は、日月倶楽部にて、コンシャスリリース・メソッド(NLP心理学)マスターコースを開催していました。

「コンシャスリリース・メソッド」とは、無自覚になっている思考や行動のパターンのうち、不要なもの、制限となるものを手放して、新しいパターンを身につけていくプロセスのことで、NLPを発展させたひらり独自の自然や宇宙の法則性を基にしたメソッドです。


世界中の神話の共通点を捉えたジョセフ・キャンベルの研究を基に作られたヒーローズ・ジャーニーのワークでは、グンと力強く一人一人の姿が立ち顕れて行きました。


その後のプレゼンテーションは、感動🥲✨

一人一人が、場を創り出していかれていました。

場を信じて、自分をオープンに語り大切なことを伝える姿も、大好きなことを語り影響力を発揮している様子も、受け止める器も、どれをとっても、愛そのものでした。


プレゼンテーションの目的は、うまく話すことでも、事前に作り込んだものをきちんと語リ切ることでもありません。

その場の聴衆の状態に合わせつつ、常々本当に思っていることを語り、聴衆のステート(状態、気持ち)をつくったり、頭に伝えるのではなく、心に届かせたり、言えばいいのではなく、体感として届かせることが結果としてできていることなんだと思います。

その方だけではなく、その方の周りの方、次の世代の方にまで届くよう意図して語る。言葉ではなく、言霊を響かせる。それはどんな意図を持っているか?で決まるように思います。


参加された方々の勇気あるチャレンジに、ただただ感銘し、敬意を感じた時間でした。


参加されている皆様、ありがとうございます✨

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page