「Labプロファイル 意欲を高めるコミュニケーション」のご感想を紹介いたします。

最終更新: 11月11日


2020年10月31日(土)に開催されました

「Labプロファイル 意欲を高めるコミュニケーション」にご参加いただいた

皆様のご感想を紹介いたします。

※11/11 お寄せいただいたご感想を追記いたしました。



「『うまくいかないな』で終わっていた人とも、そこに興味や関心を向けることで、別のアプローチの可能性があると気付きました。『慣れてくる』もわかった気がします。」

<Y.N.様>


「ペーシングするポイントがまだまだあった事や、大江さんの最初から最後まで参加者にペーシングする関わり方もまた刺激になりました(在り方)。

『型』を持つこと・知ることが自分は好きなのかな・・・とも思いましたが、柔軟に相手と関わることを大切にします。

本日もありがとうございました。タイムリーに必要な情報であり、すぐに実践します。貴重な機会をありがとうございました。」

<床井ちとせ様>


「様々な角度(切り口)からタイプの違いや、それにより同じことを伝えるにも言い方で変わるimpactを知ることができた。

まだ、使いこなせるまではないですが、少しづつ、周りの人に試みて、日頃から使え、コミュニケーションを円滑にしていきたいし、相手の人が気持ちよく進めるようにしてみたい。

本日もありがとうございました。とても学び深い時間となりました。身近に使っていけることがあればまた学びたい。」

<匿名様 会社員 40代>


「人によって心地の良い言葉使いやアプローチは異なるということが改めて響いた。

自分の快適なコミュニケーションスタイルだけに留まらず、ペーシングをすることで幅を広げていきたい。

あきちゃん、今日も学び多き時間をありがとうございました。学生たちに、あきちゃんの講座をやってあげたい♡」

<S.T.様 研修講師 40代>


「自分について細かく分析していくと、自分のことなのに「私ってそういうタイプだったのか!」と新たな気づきがあり

  また、だから「〇〇タイプ」の人とのコミュニケーションはうまくいった/いかなかったのだと納得できるポイントがたくさんありました。

  自分のタイプを知り相手のタイプもわかれば、コミュニケーションがますます楽しくなるなと思いました。

  タイプを相手に押し付けない(レッテルを貼らない)ことも大切にしながら、職場でいろいろ試してみます。

最近はオンラインで顔出しなしの場面も多く、コミュニケーションについて悩む声も聞こえるようになってきたので、  そういう場面でも何かのきっかけに活用できればと思います。これからもよろしくお願いいたします。」

<M.Y.様>

8回の閲覧