top of page

ぶつかり稽古。最高です。











ぶつかり稽古。最高です。


週末は、コンシャスリリースメソッド(NLP)マスターコースを開催していました。


今回のメインテーマは「カウンセリング・セッション」。


参加されている方々同士で、リアルなテーマを語り、

ガイド役の方は、これまで基礎コースから学んできた

すべてのアプローチの中で、最も適切なワークを

選択して提供します。


マスターコースは、10日間の基礎コースを終えた方が

参加されていて、より実践的な内容になってきています。


「これでトラウマが外れる。多くの人に体験してもらいたい。」


「具体的にコーチングにどう使うのか、分かってきた。」


「相手の方の真剣な姿勢と問いかけに、心が楽になった。」


「あき(大江)さんが怖かった(爆)」


等の感想がありました。


本気のテーマを出してくれている方に、

本気で応えるための傾聴とワークをしていただくために、

当然のことながら、私も真剣です。

まるでぶつかり稽古です。


目の前の方の望むゴールに向けて、ガイドは一貫性を

持ちつつも、状況や相手の方の発言に応じて柔軟に接します。


場合によってはアプローチを変えたり、ときに寄り添い、

時にリードして関わり続けます。


ここで最も大事なことは、信頼関係がいかに出来上がっているか?


そしてその関係性の基盤がこのコースに参加している

全員に出来上がっている。それがすごいことだ。と言う

感想を複数の方がおっしゃっていました。


カウンセリングセッションの他に、以下を体験から学びました。

・柔軟に体を動かしながら会話するセッション

・無意識からの「Go」「No/Stop」のサインをキャッチできるようアンテナを磨くワーク

・自分の中にある様々な声を統合し、統合を先祖や源までもたらすワーク

・一貫性を体感し、自己認識(アイデンティティー)・を拡大するワーク


場が最高に安心で楽しいのです。メンバーが、楽しすぎます。


写真は、一部のご参加者野方々で懇親会をされたので

私も伺った際のものです。


参加されている皆様、ありがとうございました!

閲覧数:3回0件のコメント

留言


bottom of page