お伊勢さん


お伊勢さん


お神楽の奉納の時、神職さん達は、笙としちりきの音に合わせて、「あ」と「お」と「え」の音だけを発声されていました。


神宮では、1,300年以上前から、二十年に一度の遷宮があり、かつてと変わらぬ方法で火を起こし、米を作り、社を建て、祈り、舞い、木を植え、切り、その方法を営営と継承し続けています。


その変わらないものが一本通っていることで、日本が日本たり得ているのかもしれないと思いました。


第49回リーダのための言霊塾は、4月17日日曜日9:00〜12:00です。一音、一音に意味がある日本語。今回の伊勢研修で気付き学んだこともご紹介します。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示