top of page

あめつちのはじめの会









あめつちのはじめの会


新釈古事記伝「受け日」を読みました。


この書籍は、古事記を素材にした

戦前の高校の先生の、リーダー育成

教育の書です。


やまとだましい、やまとごころを

持って生きることの何たるか?を

深く深く、読み解き紹介してくれて

います。


そしてこれは回答ではないので、自分

で深く読み込み、先人が古事記に託した

思いを汲み取り、その意思を受け継いで

生きることを促してくださいます。


日本文化の深さに、次第に言葉では

表現できなくなる領域に入りながら

も、なんとか感じとっていることを

分かち合おうと試みる。

言葉には限界がありますよね。。


毎回、書籍が対話を通して視座を

高くへと引き上げてくれている

ように感じています。


新釈古事記伝読書会は、「リーダーのための

言霊塾」に参加された方でしたら、どなたも

途中からでもご参加可能です。


言霊塾体験講座のURLはこちらです。


今回も、刺激を与え合い、対話し

合ったみなさん,ありがとうございました。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page