「7月23日開催 『やまとことば神話』読み聞かせ&対話会」のご感想を紹介いたします。

更新日:7月28日




2021年7月23日(金・祝)に開催されました

『やまとことば神話』読み聞かせ&対話会」にご参加いただいた皆様の

ご感想を紹介いたします。

※7/28 お寄せいただいたご感想を追記いたしました。




「私たち人類の使命について大きな問いをいただきました。古典を学ぶ意義を改めて理解できました。子供にも読み聞かせます。ありがとうございました!」

<M.O.様 会社経営 50代>


「音霊の重要性。人間は、未完の宇宙を完成させるために存在する。意志を持てるのは人間だけ…色々な学びの統合がやはりここにもありました。とても有意義なセミナー開催ありがとうございました。まずは本を取り寄せます。」

<ユール洋子様 講師 60代>


「・人間が宇宙を完成させる使命をもっている。

・アマノミナカヌシが宇宙の中心を押さえていたためバラバラにならなかった。

・この分断の時代に日本に生まれた日本人には、中心を抑え一つにしていく使命があると感じた。

いつも穏やかでわかりやすいご説明すばらしいです。言伝師の講座でも宜しくお願いします。」

<中川景介様 会社経営 50代>


「音の大切さ。人間の使命。はるか昔からつながる人間の想いに触れた感じです。とてもわかりやすくお話しいただき、ありがとうございました。」

<S.S.様 会社員>


「古事記冒頭文は宇宙と地球の成り立ちと、人間の使命まで書かれたものであること。人間に与えられた「意思」をどのように使っていくか、という問い。本日はありがとうございました。さらに、古事記の深淵な世界を観せていただきました。」

<K.K.様 会社経営 40代>


「自分が思っていた以上に深い内容が記されている書物と知り、さらに実際に手に取って読んでみたい気持ちになりました。また、言葉の「音」の持つ印象も大きく影響を与えるものとなる点も、改めて再認識しました。大変楽しく、参加させていただきました。また機会がありましたら参加させていただきたいと思います。本日はありがとうございました。」

<ぷ~さん様 会社員 40代>


「現代は男尊女卑のエネルギーの強い日本だが、最初は女性のエネルギーの方が活発だったことに驚きと同時に腹落ち感もあった。アヤカシコネの神のエネルギー感が好き♪これがあることで情緒豊かな日本になった気がする。これを大事にしたい。」

<Y.U.様 コーチ 50代>


「人類が意志を持って地球を作ったこと、そのことに対する人類の責任があること、そして、今こそ地球のために日本人だからこそやれることがあると思ったこと。いつもわかりやすくて満足度高く受けてます!(^^)」

<柿沼幸一様 講師・コーチ 50代>


「・古事記は、宇宙誕生・地球誕生・人類誕生の歴史の話だったんだ、ということ。

・ひらがな一音一音に意味があるということ。その意味は身体知性として日本語ネイティブには備わっているということ。

・ずっと昔から日本人は同じ言葉を使っているのだということ。

とーーーーっても面白かったです!もっと続きも聴きたかったです!」

<けいこ様 コーチ 40代>


「神は人ではエネルギーであるということにまず驚いた。八百万の神というだけあって、私達日本人は宇宙、地球、自然と共にあるのだなと。そこに人間として意志をどう使っていくのか、宇宙を完成させる役割があるのだと感じるだけで、日々の暮らし、私達の在り方が変わっていくように感じました。言霊の力を感じ、日本語の音を大切に日々生活していきたいなと思います。

とてもわかり易いご説明で楽しく参加することができました。ありがとうございます。古事記を子どもたちにどんどん伝えて、残していきたいと強く思いました。」

<N.S.様 コーチ 30代>


「古事記の始まりが、宇宙→地球→人間の順になっていることに驚いた。また、”音”一音一音にこんなに深い意味があり、太古の昔から日本人は、やまと言葉を大事にし現在に伝えてきていることにとても誇りを感じました。

大江さんのこのような日本人の誇りを取り戻す取り組みに感謝を申し上げたいと思います。滅ばない日本を創るために、これからも応援しておりますので頑張ってください。本日は、貴重な体験を頂き有難うございました。」

<濱津寿様 会社経営 50代>


「とても壮大な内容でした。知りたいなあは根底にあったものの、こんなに深くて大きい内容と気づき、少々おろおろしております。そして、この真実を知ったあなたはどうする?と大きな質問を投げかけてもらっているようです。大江さんの暖かく、穏やかなあり方に、いつも触発されます。日本人を、自分たちを知る内容のセミナーまた是非開催してください。」

<R.F.様 自営業 50代>


「古事記をやまとことばで読み解くとこんなにも奥深いものかと驚きました。日本の国生みの話かと思いきや、地球誕生の物語が隠されていたとは…

ことばを大切に使いたいと思ったこととカミから繋がる使命を持ったものとして、意思の力をどのように使って行くのか、その繋がりを大切にしながら今後の地球を考えられればと思いました。想像を超える深い話で、大変に感動し驚きました。更に学んでみたいと思ったので、言伝師の勉強もしていきたいと思いました。本日はどうもありがとうございました。」

<M.K.様 50代>


「神様の名前の羅列されている文章の中に、宇宙や地球の起源や成り立ち全ての真理が記されていることに驚愕しました。人間は宇宙を完成させる役割を担っているという視点を子供の頃から読み聞いて育つとしたら、まったく世界の捉え方が変わってくると思います。絵本といえど、大人から子供まで学ぶことのできるあやにかしこしな本です。素晴らしい本のご紹介をありがとうございました。」

<Y.M.様 会社員 40代>


「後半からの参加でしたが、グループ内のdiscussionをまとめると、宇宙を進化させるために意志を使うのが人間に課せられた使命 という哲学的なことが示唆されていて、身がひきしまりました。引き続き、日本人の誇れる内容をお教え頂けるのを楽しみにしております。」

<クマちゃん様>


「のぞみや意志の力。この人生のことだけでなく、もっと古のことを思いだし、つながる。みなもとはひとつ。いつもありがとうございます。」

<匿名様 30代>


「いつも古事記読書会に参加させていただきその深さに言葉にならない何かを感じているのですが、日本の神話である古事記の冒頭文の壮大さを聞いてまた改めてすごいものをご先祖様から受け継いできているんだなと思いました。宇宙の視点でものごとを捉える感覚を持って生きてきた日本人ってすごいですね!今の時代だからこそ単なる知識ではない学びを深めていくことが大切なんだとひしひしと感じます。本日もありがとうございました。」

<迫田恵美様 自営業 40代>


「意志と努力・・・この単語がとても響きました。うまく表現できませんが、”そういうことだったのか”みたいな感覚が残りました。信念をもってやり続ける力とでもいいましょうか。また、自分の意志を望むように使うためには、自分自身がどうありたいかも外せないことだと感じました。宇宙を完成させるために、一人ひとりが考え、それぞれが担う役割を果たしながら、ひとつになって活動していくことが与えられているのだと思いました。」

<K.H.様 60代>


「古事記の解説がこんなにも宇宙的で深く、また興味をそそるほどに面白かったこと。そしてそこには、さらりと人間の使命が言い表されていたことが印象的でした。「意志」をどう使うのか、そこに欠かせない「言霊」。宇宙の進化発展に人間の自由意志を持ってひとり一人が才能開花して創造主として生きる!その経験が宇宙の大元に吸収されまた誰かの気づきへ変わる・・大いなる宇宙の循環に皆が加担しているのだなと思うと、うかうかしてられない気持ちが強くなりました。そして「わらべ歌」女子供に伝えられてきて唄の世界。そこも途絶えることなく再現していく必要があると痛感しました。私も、やまとことば神話、事伝師なりたいです!

とても深くて引き込まれる古事記の世界へと導いてくださりありがとうございます。」

<山口美喜様 自営業 50代>


「天の章では、独り?かみによって、地球の章では、両極のエネルギーが混ざり合うことによって、地球ができあがってくるところ。そうしたダイナミックな中に地球は生まれたのだということ。どちらか一方ではなく、どちらも常にあるのが地球と思いました。オリンピックも賛成・反対があり、そういうことなのかなと。また、やはり「私たちには意志の力で宇宙を完成させる使命がある」というところに深いところでぐっと来るものがありました。それを意図した民族なのだ、というところに日本という国への誇りの気持ちが生まれるようでした。

あきちゃん、本当にありがとうございました。とてもシンボリックな今日の日にこの講座を受けることができて、感謝しています。日本を受け継いでいく活動は、本当に大切ですね。引き続き、応援しています。」

<原口裕美様 コーチ 40代>


「日本神話の古典の大きさ、やまとことばのおくふかさが心に残りました」

<A.T.様 会社経営 40代>


「いつかは「古事記」を読みこなさなくては!と思っていた矢先に、偶然に大江さんのFB告知を拝見し、なんというタイミング!と即申込みしました。日本人であって大切な歴史「古事記」をどう組み入れたら…と思っていましたので、素晴らしい機会に恵まれ大変感謝申し上げます。」

<田中志津様 自営業 50代>


「子どもたちにも古事記や日本語の素晴らしさを伝えたいと思い、参加しました。原文を声に出して一緒に音読したとき、体の細胞がわきたつ感覚になりました。セミナー中、いたるところで鳥肌がたっていました。クニが「まとまり」をあらわしていること、宇宙も地球もクニであることに驚きました。国家としてのクニから、宇宙サイズのクニへ、また一人の人として細胞の集合体としてのクニへ、理解が深まりました。大切なことは口伝、愛をもって次の世代へ伝えていきます。ありがとうございました!

あたたかく心地よい場を開いてくださり、ありがとうございました。あきさんの言霊が、すーっと深いところへ染み入る講座でした。とても楽しかったです。」

<荒井瞳様 40代>


「今生、日本人として生かされている意味とミッションを想う時間となりました。古事記を記してくれた(大いなるものとの繋がり無しには書けない)人への畏敬も。狭隘な国粋主義とは異なる たおやかでふかい地球人🌏としてのジャパニーズ、分断でなく協働のおやくわり果たして行けたら🌈

あきちゃん、素晴らしい講座の数々感謝致します🌈」

<H.N.様 コーチ・公認心理師 70代>


「非常に面白かったです。また、はじめての方とお話しできたことも良い経験でした。「望み」や「意思」の力を信じる力が少なくなっている人が多いように思います。その方々にどうお伝えしていけるのか?伝えていきたいと思いました。」

<ちいまま様 50代>


「しっかりと宇宙を完成させることって、どういうことだろう?そのために私は何ができるだろう?改めて自分の命の使い方を考えさせられました。コロナ禍の今、大人の心にも、より響くのではと思います。開催してくださり、ありがとうございました。」

<U.K.様 会社員 30代>


9回の閲覧0件のコメント