「6月7日開催 リーダーのための言霊塾 入門編」のご感想を紹介いたします。

最終更新: 6月16日




2021年6月7日(月)に開催されました

リーダーのための言霊塾 入門編」

ご参加いただいた皆様のご感想を紹介

いたします。

※6/16 お寄せいただいたご感想を追記いたしました。




「日頃、私たちが使っている「言葉」には、「神様がいつもそばにいる」神様とのお話(神話)と言葉とともに生活する日本人の誇りがあるように感じました。

私は昭和59年生まれですが、「言葉自体」の学ぶことは小学校からしますが、「言葉の意味や行為」について授業では教えられていません。「言葉の意味や行為」を知らなければ、私たちは、なんのために生き、誰なのかを知ることはできないですね。小さい子どもでも、普段使っているわかりやすい言葉、身近な言葉から日本人の心、創世記について學べるのはほんと有難い機会です。親子で一緒に学ぶ機会を持ち、親が学ぶ社会にしていかなければなりませんね。本当に貴重なお時間を有難うございました!」

<服部雄太様 会社経営 30代>


「言葉の大切さ。天皇は祈る人。自分自身が八百万の神様や「気」を大切にしているのは日本人らしいのだと確信しました。日本人らしいオリンピックでの表現「おもてなし」の心が、正にハイコンテクトなのでは、と思いました。日本人に生まれたことを、もっともっと自信持ち生きていきたいと思いました。もっともっと日本を学び吸収したいです。次の講座も楽しみです。ありがとうございました。」

<きみえ様 自営業 50代>


「普段何気なく話していた日本語が、とても奥深いことに感動しました。それも、ここまで繋いできてくれた先人たちのおかげなのだと思うと、私もまた大切につないでいきたいと思いました。また、少し前の日本人は誇り高く生きていたというお話をたくさん聞いて、身が引き締まりました。私も日本人として誇りを高く持ち、筋の通った生き様を次世代につないでいきたいと思います。

前回入門編を受講したのは3年前になりますが、内容は色あせることなく新鮮で、たくさんの刺激をもらいました。この後もまた受講させていただきたいと思っています。よろしくお願いいたします!」

<U.M.様 会社員>


「ずっと天皇が見守ってくださり、一人一人が誇りを持って、お互いを大事な存在として尊重している日本人であること、ご先祖さまに感謝の気持ちでいっぱいです。日本語一つ一つに神が宿っていて、そのものが宝物である、というお話も感動的でした。改めてお話しをお聞きし、会社の中で何でモヤモヤを感じていたのか、しっくりした部分もありました。

2日間、あっという間に時間が過ぎてしまい、もっと深く知りたい!お話しが聞きたいという気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!」

<まきぞう様 会社員 50代>


「日々生きることをルーティーン(無意識)の活動にしてしまうと、自分が立っている土壌についても意識しなくなってしまうことにハッとしました。祈りの神話と祈りと共にご先祖様達が歩んできた歴史があるのですね。また、一人ひとりが太陽の分身だと思われていたこと。リーダーに無言でついて行くのではなく、より清らかで明るい「気」を発し、自分の能力を社会のために生かす人を尊敬しつつも、一人ひとりが誇りをもって生きること。自他(人間以外にも)への敬意もとても大切なことだと思いました。

2日間ありがとうございました。たくさん伝えて下さる大江さんの熱量を感じながら、「日本人の心の土壌」を小学生の姪や甥に伝えていきたいと思いました。小学校では色々な背景をもつ同級生達にもまれ、そろそろ自分の軸となるものがほしいのではないかな、と感じられたためです。」

<T.S.様>


「清明心が、もっとも心に残りました。難しいことがあっても、清く明るい心で生きていくことに努めようと思います。貴重なお話ありがとうございました。お話を聞いて、昔の日本や日本人に尊敬や憧憬の気持ちが湧きました。そして、自分の中にも同じ血が流れていると思うと、自己肯定感が高まります。講座中は、場全体に温かい空気を感じ、安心して受講できました。ありがとうございました。」

<匿名様 自営業 40代>


「昨夜は、attractive なお話を有難うございました!生まれて初めてきく単語があり、この年になって nativeな日本人でない自分に気づき、恥ずかしく思います。更なる生涯に亘る學びの意欲を掻き立てられました!長崎の焼き場の前で真っ直ぐに立つお子さんのお話には自然と涙が出ました。お名前があがっていた日下公人さんは、20年くらい前からファンで、渡部昇一先生と並び著書をよく買って読みました。大江先生のお話は、神話、古事記、そして歴史にも絡めた日本語の素晴らしさを実感させて頂ける内容であり、数えきれない多くのご経験を通して得られた、心が揺さぶられる内容だと思います。母国語の教育は、こうあるべきと思います。

入門編へ参加させて頂き、心より感謝申し上げます。日本語のもつ素晴らしさの一端を垣間見ました。これは、深掘りをせざるを得ません。引き続き、初伝でご指導を賜りたく思います。」

<K.K.様 60代>



17回の閲覧0件のコメント