top of page

「道徳は実利に結びつく」










「道徳は実利に結びつく」


松下幸之助さんの言葉。

遠回りに見えて、経済の本質だなあと、

日本の長寿企業について学ぶと実感します。


経済活動をしていくときに、信頼を築くことが

最終的に実利に結びつくのは、どなたもお感じに

なられることと思います。


大塩平八郎の乱の際に、

「大丸は義商なり、侵すなかれ」

と言われ、大丸の建物が焼き討ちを

逃れたというエピソードがあります。


大丸は「先義後利」(先に義<公のために動くこと>を

大切にすると後から利益がやってくる)という発想から、

盆暮れには貧しい人に食べ物を差し入れするなどを

行ってきたことから、地域(京都)の人たちに

厚い信頼を得てきたそうです。


まさに「道徳は実利に結びつく」ですね。


周りへの思いやりの心があるお店や、

社会をより良くしようとする姿勢のある会社から

買いたい(を応援したい)と思うのが人情ですものね。


パタゴニアのソーシャルグッドな事例は有名ですが、

世の中を良くしようとするのが日本の会社の起源。


お客はよく見ているのですよね。


遊びながら子供時代に徳を身に付ける。


第二版は完売しました。ありがとうございます。


第三版は6月下旬に入荷します。


次回の「徳育すごろく体験ワークショップ」は、

6月30日日曜日に開催します。


詳細は追ってお知らせいたします。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page